徹底検証!気になるリフォーム会社の評判まとめサイト

評判からわかる 正しいリフォーム会社の選び方とは?

HOME » 口コミから学ぶ!優良リフォーム会社の見極め方 » 費用

費用

ここでは、優良リフォーム会社の見極め方として、費用についてのポイントを説明していきます。

費用での見極めポイント

見積後に大幅な値下げなどを提案してくるところは要注意

リフォームの見積もりに決まった形式はありません。最初から値引き分の利益を上乗せした金額を提示し、お客さんの目の前で「大幅値引きします」と言ってお得感を演出する営業マンもいるので注意しましょう。

また、あまりに安いところも実は要注意。そういった場合は、下請け会社や職人さんへの手間賃をカットしていることが多いので、職人さんへの負担が大きくなります。すると、工事の手を抜かれてしまう可能性も高くなってしまいます。

見積書に内訳明細がついていて料金体系がわかりやすい

見積書に細目を記載してくれるところは信頼度が高いです。「工事一式」などのざっくりとした表記ではなく、工事費の詳細を明確にしてくれているのが理想。例えばサッシのサイズや価格といった材料費までわかるように書いてあると、予算に応じて使い材料を変えることも容易になるので、後々の調整に役立ちます。

費用面では、内訳を包み隠さず教えてくれるかどうかが重要ポイントです。

また、パック料金制になっているところだと、予算が立てやすいので良いかもしれませんね。

費用を抑えるための工夫

自社内でオリジナル製品を作っていたり、メーカーからの大量購入で費用を抑える工夫をしているところだと、妥当な値引きをしてくれるはずです。

一方、先ほども書きましたが、工事費を削ってコストダウンしようとするところはNGです。職人さんへ無理強いする会社だと、きちんとした工事がされない場合があるからです。

費用に関するトラブル口コミ

相見積もりをいくつか取って比較をしてみたのですが、それをもとに値引き交渉をしてしまったのがよくありませんでした。

一社、とても安くしてくれたところがあったので、その会社に最終的にお願いしたのですが、結果としては後悔しました。

やってきた職人さん達のやる気のなさで何となく気付いたのですが、おそらく職人さん達へのコストを削ったのでしょう。

値引きしたのは自分なのであまり文句も言えず、重大な手抜きがないことを祈るしかありませんでした。

ネームバリューだけで、大手のリフォーム会社に工事を頼んだのですが、後から調べてみたら何だかとても高い買い物をしてしまったようでした。

何にこんなにお金がかかったのかよくわからないし、相見積もりを取ればもっと良心的な価格で工事してくれるところが見つかったのかもしれません。

工事の内容については、今のところこれといった不備はないので、それは良かったのですが…。

★費用に関してのトラブル口コミはこれ以外にも沢山見つかります。リフォームはお金のかかることなので、とにかく安く抑えたいという気持ちが働きますが、安かろう悪かろうでは元も子もないので、妥当な金額かどうかを契約前にしっかり検討することが大切です。そのために、明細書の内訳にはきちんと目を通しておくようにしましょう。

また、予算オーバーをしてしまいそうな場合、「どうすれば費用が下がるか」というローコスト提案や、それによるデメリットまで詳しく説明してくれるかどうかも、業者見極めのポイントとなります。

この記事の関連のページ

 
徹底検証!気になるリフォーム会社の評判まとめサイト